低用量ピルは避妊用の薬ですが美容効果が期待できることはご存知でしょうか。
低用量ピルの中にはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが含有されていますが、このエストロゲンとプロゲステロンの分泌のバランスが崩れるとニキビができることがあります。
ニキビはホルモンバランスの崩れが原因となるケースが非常に多いですが、低用量ピルを毎日服用することでホルモンバランスを一定に保つことが出来ますのでホルモンバランスの崩れによる皮脂の増加や肌荒れなどを防ぎ美容効果を期待することができます。

女性は生理前に肌トラブルを経験することが少なくありませんが、これもホルモンの変動によるものです。
低用量ピルを服用するとホルモンの変動が無くなり排卵も怒らなくなりますので、高温期に起きやすいニキビも改善されますし、肌トラブルの起きにくい美肌になることが出来ます。
低用量ピルを服用することによってホルモンのアンバランスによる新陳代謝の乱れも改善されます。
新陳代謝は肌のターンオーバーに密接しており、ターンオーバーを正常化することで美肌に導くことが出来ます。

低用量ピルを服用することでニキビが改善できることは医学的にも証明されており、実際美容外科や一部の皮膚科などでニキビの治療薬として処方されることがあります。
数か月続けて服用することにより肌の新陳代謝が正常化され肌トラブルのない健やかな状態に肌が変化します。

スキンケアをいくら行っても生理前のニキビが減らなかったり皮脂が過剰に分泌される場合はホルモンバランスが乱れていることが考えられますので低用量ピルを服用してみてはいかがでしょうか。
肌トラブルに効果の出やすい種類のピルもありますし、肌トラブルの改善の為に服用している女性も少なくありません。
女性ホルモンが増加することでニキビが減るだけでなく肌の潤いもアップするといわれており、服用してから肌がきれいになったという意見も多く寄せられています。

低用量ピルの使用中止によってニキビが増えることも

低用量ピルの服用を中止するとニキビが増えることがあります。
これは低用量ピルを服用していた時は排卵が抑えられてたりホルモンバランスが一定に保たれていたものが服用を中止することによってホルモンバランスがそれまでの状態に戻ったり排卵が再開することでホルモン変動が起こることが原因と言われています。

もともとニキビや肌トラブルを改善したくて低用量ピルを服用し始めた方は服用をやめると徐々に元の状態に戻ることが多いですので、肌トラブルの改善の目的で服用している方の場合は特別な理由がない限り服用をつづけたほうが肌のコンディションを良い状態に整えることが出来ます。
低用量ピルの服用を続けているとエストロゲンとプロゲステロンが体内で一定の値に保たれますので、美しい肌を保つためには服用したほうが良いという口コミもあります。
低用量ピルの中でもより男性ホルモンの活性が低いタイプを選ぶことで美肌効果が高まるといわれています。

新しく発売されたタイプの低用量ピルは海外ではニキビ治療用の選択肢として考えられているものもあり、むくみにくいタイプや皮脂の分泌を活発にする男性ホルモン活性の低いタイプは特に肌トラブルに悩む女性に人気があります。

低用量ピルはもともと避妊用に作られた薬ですが避妊目的では無く肌トラブルの改善の為に飲んでいる方も多いという特徴があります。
低用量ピルを購入するにはドラッグストアなどでは購入することが出来ず婦人科で処方してもらう薬です。
ニキビ治療に力を入れている美容外科や美容皮膚科などでも処方してもらうことが出来ますので、ニキビに悩んでいる方は塗り薬を処方してもらう際に相談してみてはいかがでしょうか。