アフターピルは本来、女性が避妊目的で服用する薬です。
ですから、男性が飲むものではなく、医療機関でも男性に処方されることはまずありません。
とはいえ、男性が購入できないのかと言われればそうではなく、通販という形であればたとえ女性でなくても購入することは可能です。
通常、アフターピルは女性が医療機関を受診して初めて処方される薬ですが、この方法であれば女性でも男性でも関係なくアフターピルを入手できるというわけです。

中にはこの方法を使ってあらかじめアフターピルを常備しているという女性、男性もいますが、本来であれば正しい方法とは言えません。
というのも、アフターピルは強制的に身体のホルモンバランスを変化させて受精、着床を防ぐ薬です。
体にも負担が大きく、吐き気や頭痛、めまいなどの副作用もあるため、身体への負担を考えると常備するにはリスクが高すぎるわけです。

避妊を徹底したいのであればコンドームと低用量ピルの服用を中心にするのがベストです。
その方が体への負担が少ないですし、リスクも軽減できます。
男性側が女性のためにといってアフターピルを用意するケースも中にはありますが、女性の負担を考えると得策ではありません。
とはいえ、もしもの時、避妊が失敗すればアフターピルの服用も避けられないのも事実です。
アフターピルを通販などで購入する場合には、副作用があることや体への負担が大きいことを十分に理解しておくことをおすすめします。
そして、女性向けに処方されている薬のため、男性は服用しない事、これは大前提としておさえておきましょう。

どうして男性がアフターピルを服用することを勧められないのか、これは先にも挙げたようにピルの中には女性ホルモンのバランスを変化させる成分が含まれているためです。
女性用に調整がなされた成分のため、男性が服用することで思わぬ副作用が現れることもあります。
先に挙げたような吐き気や頭痛、めまいといったものだけでなく、精子の生成にまで影響が出ることもあるため注意が必要です。

遊び半分でアフターピルなどの医薬品を使用しないこと

アフターピルなどの薬は日本の場合、医療機関を受診することで初めて購入することができます。
そのため、避妊や治療目的以外で使用されることはほぼないのですが、これが通販というケースであれば例外です。

先にも挙げたように、通販であれば男性でも関係なくピルを購入することが出来ます。
中には遊び半分でピルを服用した男性もいるようですが、これは非常に危険な行為です。
まず症状としては、身体がより女性らしく変化していきます。
見た目にも胸やお尻が膨らんできたり、肌質が変わったりと男性とは違う特徴が出てくるようになります。

そして、その後も服用を続けてしまうと男性不妊症の一つでもある造精機能障害、つまり精子がうまく作られなくなる病気になる可能性もあります。
もちろん、ここまで顕著に症状が現れるのはピルの服用を長く続けた場合ではありますが、遊び半分の行為でその後の男性不妊症、造精機能障害を引き越すとなれば非常に怖い話です。

体質や服用期間によってはここで挙げた症状以外の病気が引き起こされることも考えられます。
一時の過ちで今後の人生が変わってしまう、そうならないためにも医薬品の取り扱いには気を付けるようにしましょう。
アフターピルに限ったことではありませんが、薬には必ず決まった用途があります。
副作用についても同様で、時には重大な障害、病気を引き起こすこともあるため、服用をする前にはしっかりその点を確認しておくようにしましょう。

そして、持病や不安点がある場合にはできるだけ医療機関に相談をしておくことです。
服用前に相談をしておくことで、不安点を解消することが出来ますし、何より体にとってリスクの少ない医薬品をそこでチョイスすることも可能になってきます。